こっこめ通信
 平成14年6月からビジターセンターが毎月発行している自然情報通信です。内容は主に自然情報ですが、島の紹介などもしています。こっこめ通信は、ビジターセンターにて無料配布しています。
 こっこめとは、島の方言でアカコッコのことです。アカコッコは日本固有のツグミ科の鳥で国の天然記念物にもなっています。八丈島では一年を通して見られ、町の鳥にも選定されています
モニターで見る場合は・印刷するにはをクリックするとPDFファイルが開きます。

 最新号


2018年10月号
「積み重ねた結果」

(638KB)
光るキノコ無料観察会終了/八丈島で見られる蛾/ハシグロヒタキ再び!/八丈植物公園季節調査会の報告(クロコノマチョウ)/プログラムカレンダー

(3MB)

 バックナンバー
内容
2018年09月 (第208号)
「天台風コリゴリ」

(647KB)
八丈学講座「台風と島の天気」/子供クラフト教室の様子/八丈植物公園季節調査会の報告(ハチジョウタツ)/プログラムカレンダー

(2.7MB)

2018年08月 (第207号)
「天気図とにらめっこ」

(860KB)
台風12号の影響/八丈島の7月は暑かった?/アオウミガメの産卵/八丈植物公園季節調査会の報告(クワコ)/プログラムカレンダー

(3.1MB)

2018年07月 (第206号)
「梅雨明けだ〜!」

(939KB)
6月は雨が多かった?/ビロウをじっくり見てみる/八丈植物公園季節調査会の報告(アイアナタケ)/プログラムカレンダー

(4.2MB)

2018年06月 (第205号)
「食べ方に個性あり」

(818KB)
ゴールデンウィークの行事/食べたのダァ〜レ?/八丈植物公園季節調査会の報告(ホウライショウ)/プログラムカレンダー

(4.4MB)

2018年05月 (第204号)
「子育てを見守って」

(737KB)
水槽の中の出来事/写真展示「島の鳥」/春の渡りではこんな鳥が来ました/八丈植物公園季節調査会の報告(イソスジエビ)/プログラムカレンダー

(3.4MB)

2018年04月 (第203号)
「脚光を浴びて」

(672KB)
植物公園からホエールウォッチング/講演会「発光生物の謎〜生きもの達は何故光るのか〜」/イソコモチクモヒトデも光った!/八丈植物公園季節調査会の報告(マツカサウオ)/プログラムカレンダー

(3.2MB)

2018年03月 (第202号)
「駆除も観察も継続は力なり」

(770KB)
ヤブツバキがヤバイ!/カワラヒワは留鳥なのか?/八丈植物公園季節調査会の報告(アトリ)/プログラムカレンダー

(3.2MB)

2018年02月 (第201号)
「島の名を」

(758KB)
最強寒波がやってきた?/オオシマとハチジョウ/八丈植物公園季節調査会の報告(ハチジョウカナワラビ)/プログラムカレンダー

(3.6MB)

2018年01月 (第200号)
「順調に増えてます」

(692KB)
鳥獣保護区になった八丈小島/戻ってきてくれてありがとう/八丈植物公園季節調査会の報告(ジョウビタキ)/プログラムカレンダー

(3.4MB)

2017年12月 (第199号)
「不思議がいっぱい展示水槽」

(831KB)
これは生きものですか?/ナマコ、イイ仕事してくれます/八丈植物公園季節調査会の報告(キンチャクガニ)/プログラムカレンダー

(5.4MB)

2017年11月 (第198号)
「悪天候は週末がお好き」

(705KB)
秋雨前線の大雨から台風の強風へ/こんな生きもの見つかりました!/八丈植物公園季節調査会の報告(ヒサゴクサキリ)/プログラムカレンダー

(3.8MB)

2017年10月 (第197号)
「そっくりの見分け方」

(741KB)
ハイビスカス?/イヌのしっぽでネコじゃらす/八丈植物公園季節調査会の報告(ウナズキヒメフヨウ)/プログラムカレンダー

(4.4MB)